EVENT

Hōʻailona

event

event | Hōʻailona

【アーユルヴェーダ料理教室】秋の冷えと乾燥対策 −ヴァータをバランスする食事と生活習慣

お申し込み受付中

日時 2019年11月3日(日・祝)10:00〜16:00

タイムテーブル
10:00〜12:30 調理
12:30〜13:30 ランチ
13:30〜14:00 片付け・休憩
14:00〜16:00 レクチャー

定員 9名
講師 CHIHARU(アーユルヴェーダ料理家)
料金 12,000円 (税込・材料費込)

★9月8日に開催した「やさしいアーユルヴェーダ入門① ホームレメディを作ってみよう」または「やさしいアーユルヴェーダ入門② インド料理の基本・ギー作り」にご参加いただいた方は、1,000円オフの11,000円で受講していただけます。

会場 TUMUGU(東京都港区南青山4−28−26/表参道駅徒歩9分)

一日しっかりとアーユルヴェーダを学ぶ講座です。

ドーシャバランスについて

人にはそれぞれ生まれもった体質があります。アーユルヴェーダではそれをドーシャと呼びます。ドーシャは、ピッタ・カパ・ヴァータという3つの要素で成り立っていますが、それぞれの体質に合った食材や調理方法を選ぶことで、ドーシャバランスを保ち、こころとからだを健やかに維持し、病気を防ぐことができるといわれています。

秋から冬にかけて乱れやすいのは「ヴァータ」。
ヴァータが乱れると、冷えや乾燥、心の不安定などの症状を引き起こします。
今回はヴァータのバランスを整えるためのお料理を学びましょう。

レクチャー

  • あなたの体質は?アーユルヴェーダの基本と自分の体質を知ろう
  • この時期に乱れるヴァータについて&その対策

料理教室

ヴァータの乱れを整える4品

  1. ピパーチ葉とギーの炊き込みごはん、または、宮古島ローゼルの炊き込みごはん
  2. 滋養たっぷり宮古島の薬草とココナッツのダルカレー
  3. 島野菜とゴマとトーラン
  4. 体の芯から温める、生姜とトマトのチャツネ

※ 1.の炊き込みごはんは、そのときに手に入る食材によりどちらか一品になります。
※ 3.の島野菜はその時の収穫状況によって変わります。トーランとは「炒め物」の意味です。

<申し込み方法>

こちらのフォームよりお申し込みください。
お支払いは当日現地払いとなります。(現金のみ。カードはご使用いただけません。)
★ワークショップ一週間前より50%、3日前より100%のキャンセル料が発生いたします。

CO-PARTNERS