MAGAZINE

Hōʻailona

  • ハワイ
    FROM HAWAII

ʻANOʻANO LIFE ♯16 / Tane

日本の味を手作りで2

マウイ島に帰ってからのお楽しみ❤︎ 熟成中の麦味噌。

皆さんこんにちは。
7月に入りましたね。

私たち家族はただいま日本に里帰り中ですが、マウイ島に帰るまで早くも2週間を切りました。

 

さて、

昔から日本人には馴染みのある食材、大豆。

今回は前回の納豆に続いて、同じく大豆から作る味噌の話です。

 

マウイ島で暮らすようになる前から、日本でも味噌を手作りしていました。
きっかけは、友達が主催する味噌作りのワークショップに参加したこと。

それまでは、味噌はお店で買っていて、なるべく添加物の少ない物を選んではいましたが、自分で作るという感覚はありませんでした。

でもいざ作ってみたら意外と簡単。自分で作った味噌は美味しくてくせになる味でした(笑)

そんな衝撃を受けて以来、味噌は手作りで現在に至っています。

作った味噌は、表面にカビが生えるので、カビを取って塩を振り、常温で置いておきます。

私の地元は赤味噌が主流なので、主に赤味噌を作っています。

日本の地元、東海地方のスーパー。赤味噌が主流です。

こちらはマウイ島。スーパーでお味噌が売っています。

ハワイで作られているお味噌。

マウイ島で味噌を作る時は、オーガニックの大豆を選んで作ったり、黒豆やひよこ豆で作ったり、豆麹も作ってみたり、毎年いろいろと試してみて、味を楽しんでいます。

去年は麦味噌も麦麹から作ってみました。

今回日本に来る前に味見をした時には、味は美味しかったけれど、まだコクが足りなかったので、発酵中のまま置いてきています。

出来上がりが、帰ってからの楽しみのひとつ。

我が家のボーイズは、小さい頃お味噌汁を食べない時期もあったけれど、最近は「今年の味噌は
美味しいね〜」と言うようになったり、日本の外食でお味噌汁がついてくるときには「ママのお味噌で作ったお味噌汁のほうがおいしいね〜」なんて言ってくれたり、作りがいがあります。

作る場所や、作る人の持っている常備菌によって、同じ材料で同じように作っても違う味になるらしいです。

菌の世界は奥深い。

日本ではたくさんの製品が売っていて、手軽に手に入りますが、たまには手作りしてみるのも楽しいですよ。

皆さんも是非自分好みのお味噌を作ってみてくださいね。

 

次回は久しぶりにマウイ島からお届けします。

お楽しみに!

【Taneさんからのメッセージ】


マウイのことをもっと知りたい!いつかマウイ島に行ってみたい!という方は、ぜひ問い合わせフォームからご連絡ください。


お問い合わせはこちらのフォームから。

Tane

Tane

1973年生まれ。三重県出身。

1997年にワーキングホリデーで訪れたオーストラリアにて、アメリカ人の夫と出会う。 2013年、家族でハワイ州マウイ島に移住。 4人の男の子を育てながら、ステンド硝子やフュージングの作品制作を行う。 ステンド硝子講師。

関連記事

CO-PARTNERS