MAGAZINE

Hōʻailona

  • ハワイ
    FROM HAWAII

ʻANOʻANO LIFE ♯19 / Tane

新しいことへの挑戦

皆さんアロハ。
ハワイに住んでいると身近なハワイアンミュージックやフラ。私もマウイ島に住み始めてから、興味を持つようになりました。
今までもフラのショーはよく観に行っていたけれど、自分が踊ることには興味がありませんでした。
そんな私が、ついにフラを始めることに。
今回は初めてのフラのお話。

小さい頃から踊りは苦手。学校の行事や、盆踊りなど、すべてイヤイヤやっていました。(笑)
自分の踊ってる姿に自分自身が恥ずかしくて、周りからどう見られているか?どう思われているのか?と気にしすぎ、振りも覚えれずぎこちなく、シャイな殻から抜け出せずにきました。(その血が息子達にも受け継がれてしまった(笑))

3年前に知り合った、カナダでフラを習っていた友達がフラを踊ってくれたことがありました。
日本語が入った曲に日本人の作った振り付けで、歌も踊りもとっても気に入ってしまい、その曲だけは踊ってみたい!という気持ちが心の中にずーっとありました。

けれど、ハワイでフラを始めるということは、どこかの教室に属して、そこの規則やルールを守っていかなければならないということ。
日本での歌舞伎などの世界に似ていて、伝統を重んじる世界です。

安易にやめることはできないので、軽はずみに始められないし、片手間ではできない。 今はまだまだ子育て中心なので、時間もない。
いつか縁があってチャンスが来たらと思い、そのまま時が流れたのですが…
ついに!!!

ハワイではよくファンドレイジングが行われます。今年の6月に、友達が入っているフラの教室がカヌークラブの応援で踊るというので見に行ったら、そこで開催されていたファンドレイジングにフラで使う楽器がセットで出品されていました。
いいな〜きれいだな〜と気軽に申込用紙に名前を書いたら、なんと落札できてしまいました(笑)

こちらが私のところに来てくれたフラの楽器一式。

せっかく楽器が私の元にきてくれたので、どこかで習えたらいいなーっと思っていたら、ちょうどそのファンドレイジングをやっていた教室に通う日本人の同級生の友人が、近々クム(先生)になり教室を始めるとのこと。 他にも一緒に習いたいという友人たちがいて、みんな私と同じようにフラを習ったことがない知らない初心者だったので、基本を教えるクラスができました。
レッスンが始まる前にパウ(フラで履くスカート)を作ろうと布屋さんに行ったら、できているものも生地代と同じくらいの値段だったので、ひとまず既製品で始めてみることにしました。 無事続いたら、布を買って自分で作ってみたいと思います。

色々な柄があったけれど、トップの写真の柄にしました。

そしていよいよレッスンスタート。
いろんなスタイルのフラがありますが、私が教えてもらうのは近代フラ、アウアナ。
初日はフラの歴史、フラで使うハワイ語とその意味、基本のステップ5つを、1時間半のレッスンで教えてもらいました。

フラについて勉強中。

見ている側だった時は、ダンサーがみんな笑顔で軽やかに踊っていたから、いざ自分がやってみるときつくて、踊るのがこんなに体力がいるなんて全然思いませんでした。
普段は最近始めたストレッチをするぐらいで、運動と言えるような運動はしていなかったので、足腰を鍛えるにはちょうどいい感じ。

基本のステップ。

身体の中は腸活中なので、フラの動きで身体も心も体力も使って、中と外、全部が循環してとっても効果的な感じがします。

まだ始めたばかりでどこまで続けられるかわかりませんが、自分ができる範囲で楽しみながらやっていきたいです。
いくつになっても挑戦する事は大切だし、ワクワクしながら楽しんでやれば心も身体も元氣が湧いてくると思っています。

レッスン後は、一緒に習い始めた友人が作ったケーキでくつろぎました。

ʻAʻa i ka hula, waiho ka hilahila i ka hale.
「フラを踊りたければ、恥は忘れなさい/家に置いていきなさい。」
Mary Kawena Pukui, ʻŌlelo Noʻeau: Hawaiian Proverbs & Poetical Sayingより。

皆さんも、周りを気にせずに、自分の心の声を聞いて、新しいことを楽しんでみてください。

【Taneさんからのメッセージ】


マウイのことをもっと知りたい!いつかマウイ島に行ってみたい!という方は、ぜひ問い合わせフォームからご連絡ください。


お問い合わせはこちらのフォームから。

Tane

Tane

1973年生まれ。三重県出身。

1997年にワーキングホリデーで訪れたオーストラリアにて、アメリカ人の夫と出会う。 2013年、家族でハワイ州マウイ島に移住。 4人の男の子を育てながら、ステンド硝子やフュージングの作品制作を行う。 ステンド硝子講師。

関連記事

CO-PARTNERS