MAGAZINE

Hōʻailona

  • セルフケア
    LOVE BODY & MIND

しあわせなからだ ♯7 / Noriko Genda

笑いの奥義

しあわせなからだ ♯7 / Noriko Genda | hoailona

前回は「笑いがどんなに大切か」についてお話してみました。
では、今日はその「笑顔」の仕組みについて。

「性格は顔にあらわれる」
みなさんは、どう思われますか?

じつは「性格」を形作る「脳」は、顔の表情筋と直結しています。
では、笑っているときは、顔のどの部分で表現しているんでしょうか?
まずは「口」。
ご存知のとおり、笑い声をあげるのも、この口からですね。
口のまわりをぐるっと囲んでいるのが口輪筋。
口角を引き上げる役目をしているのは、「笑筋」です。
この「笑筋」が硬くなっていると、「にこっ」と口角を上げた笑顔は作れません。
一方で、この笑筋をつかった笑顔は、愛想笑いで多様されます。

芸能人やモデルさんの訓練された笑顔は、この笑筋のおかげなのです。
笑筋を鍛える方法として、割り箸を咥える なんていう方法もあります。
つまり、この笑筋だけを使った笑顔は、意識的に作れる笑顔なんです。
では、どうして意識的に作れるんでしょうか?

この笑筋のはじまり(起始)は下顎にある咬筋(こうきん)の筋膜です。
下顎は、食べたりことばを発したりと常に動かしている骨です。
だから神経の伝達も達者です。

ただし、顎関節症になっていたり常に顎関節を硬くしている方は、この作り笑いすら上手にできなくなってしまっています。
下顎をスライドしたり、大きく口を開けられなくなっていたら要注意。
ぜひ顎のストレッチをやってみてくださいね!
いまはとても便利な時代。インターネットで検索してみたら出てきますよ。

しあわせなからだ ♯7 / Noriko Genda | hoailona


目も笑顔づくりには欠かせない

では次に、目について。
笑顔の要素で大切なパーツは目です。
目が笑っていてこそ、本当の笑顔だから。

目は、脳の一部といわれています。
進化の過程で、視覚が必要となり、脳の一部分が目に進化したからだそうです。
この「目」で笑うために必要な筋肉は、目のまわりをぐるっと囲んでいる眼輪筋(がんりんきん)。
それから、口から頰骨に向かって伸びている小頰骨筋(しょうきょうこつきん)と大頰骨筋(だいきょうこつきん)。
後者の2つの筋肉がダイナミックに動くことで、頬の皮膚が上がり、つられて目も笑っているような表情になります。
もちろん、顔の表情を作り出すのは、もっと複雑でたくさんの筋肉を使います。
一説には30種類以上ともいわれています。
笑顔は、視覚や聴覚などのいわゆる五感で知ったものを、自分の記憶などをベースに脳が作り出す人間にしかできない表現です。

こわい顔をしている人よりも、目からニコッと笑っている人の方が話しかけたくなりますよね?
ぜひ、鏡に向かって笑ってみてください。
そして、その笑顔が頬まで上がって目を弓のかたちに変えていなかったら、ぜひ笑顔の練習!
笑顔は、その人自身までしあわせとラッキーを運んできてくれますよ!

しあわせなからだ ♯7 / Noriko Genda | hoailona

最近、笑顔をテーマにワークショップを始めました。
忙しい日々の中でも、みんなにやさしい表情でいて欲しい。
口の中から指で筋膜をほぐしていくメソッドなんです!
かなりパワフルなワークショップですが、興味がある方はぜひ参加してみてくださいね。

やさしい笑顔のために。

★セッションの予約をご希望の方はこちらから。

NORIKO GENDA

NORIKO GENDA

長野県飯田市生まれ。
1999年に中国式経脈整体一級整体師取得後、治療院勤務を経て独立。
「Zoya Holistic」を立ち上げる。


ポラリティセラピー、MSIのメソッドを軸に、20年以上の経験で習得した複数のメソッドをクライアントの症状に合わせてカスタマイズしてセッションを行う。


NadyHouse ヒプノセラピスト
米国ポラリティー協会認定APPプラクティショナー
MSI(Maupin Method of Structural Integration)資格取得

関連記事

CO-PARTNERS