MAGAZINE

Hōʻailona

  • セルフケア
    LOVE BODY & MIND

シンプルライフ便り〜宮古島より ♯1 / CHIHARU

海とヨガとアーユルヴェーダと

ドルフィンスイム | ホーアイロナ

初めまして!「しあわせや」のCHIHARUです。宮古島で「Ayurveda café しあわせや」を営業し、宮古島の野菜やハーブを使った心と体に良い、アーユルヴェーダランチを提供しています。また、アーユルヴェーダ料理教室やワークショップも開催しています。

その他、ヨガ・呼吸法クラス、リトリートの開催、また大好きな海と人を繋げる活動として、イルカと泳いだりクジラに会いに行ったりする「うみたび」を企画・コーディネートしています。

キーワードは「アーユルヴェーダ」「ヨガ」「海(自然)」です。一見、全く違う分野に見えるこの3つのテーマで活動するのには、ある共通する想いがあるからなんです。この想いをシンプルライフ便りとして、みなさまにお伝えしていきたいと思っています。

空 | ホーアイロナ

 

こんな人生を歩んできました

私はペルーのリマで生まれ、3歳まで過ごしました。その後も父の仕事の都合で転校が多かったことが起因してか、幼い頃からじっとしているのが苦手で、常に外の世界に憧れて過ごしました。

あるイルカの写真集がきっかけで海の勉強をするようになり、サーフィンとの出会いも重なって、海や環境問題に関心を持つようになりました。その後、そうして出会った環境保全に重きを置くパタゴニアという会社に入社し、6年勤務しました。その頃は神奈川県の海の側に住み、サーフィンやヨガをしながら仕事をするという生活に満足していました。

しかし2011年の東日本大震災をきっかけに、今の私たちの生き方に疑問を抱き、「本当の幸せって何だろう?」と考えるようになりました。ちょうどその頃20代後半だった私は、30歳を前にして「私は本当にやりたいことをしているのだろうか?」と思うようになりました。そうして出た答えは、私の内側に眠っていた「世界一周したい!」という想いでした。仕事を辞め旅に出ることを決意し、「うみたび」と題し世界一周の旅に出たのです。そしてその旅の中で、疑問に思っていた「本当の幸せとは何か?」の答えを見つけることになったのでした。

 

1年間にわたる旅では、多くの時間を南米で過ごしました。その中で最も印象に残るのがチリのパタゴニアでした。パタゴニアに5ヶ月滞在し、そこで出会ったある夫婦の生き方から多くのことを体験し、学ばせていただいたことで、「本当に幸せな生き方」についての輪郭がぼんやりと見えてきたのです。

その後、海に潜ること(フリーダイビング)と出会い、また帰国後、南インドに通いアーユルヴェーダを学びながら、そこに共通する「幸せ」についてのイメージを少しずつ膨らませていきました。そして2018年に宮古島に拠点を移し、イメージする幸せを発信するべく、宮古島や東京などで活動しています。

 

これから、自然(海)、ヨガ、アーユルヴェーダの叡智という3つのツールを用いて、みなさんが心から幸せ!と思えるお手伝いをさせていただければ幸いです。
これからの連載を、どうぞお楽しみください。

CHIHARU

CHIHARU

世界一周の旅をして、人生観が変わる。以後、素潜りや旅を通してよりシンプルな生き方を求め人生の進路をシフト。


その後、日本でヨガを通してアーユルヴェーダと出会い、アーユルヴェーダ料理の素晴らしさを知り料理に没頭。毎年南インドにいる師の元でアーユルヴェーダの叡智を学んでいる。


神奈川、大阪、宮古島にて「アーユルヴェーダカフェ」を実施。


現在は宮古島に拠点を置き、ヨガ・呼吸法講師や海ガイドの傍ら、アーユルヴェーダ料理教室やWS、出張料理人として活動中。

関連記事

CO-PARTNERS