MAGAZINE

Hōʻailona

  • ハワイ
    FROM HAWAII

Nā ʻŌlelo Liʻiliʻi ♯21 / 日高しゅう

『Nā ʻŌlelo Liʻiliʻi(ナー オーレロ リイリイ)』、ハワイ語で「ちいさなことばたち」。
ハワイでは言葉に「マナ」と呼ばれる神聖な力が宿っているとされています。
素朴だけれど、奥が深い、知るとちょっとしあわせになるハワイの言葉をご紹介します。

Waihoʻoluʻu(ヴァイホッオルッウ)色

少しご無沙汰している間に年が明けてしまいました。遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今回はMauna(マウナ/山)をちょっとお休みして、ハワイ語の色の名前を紹介します。

以前にMoku(モク/島)の回でハワイの各島を象徴する色をご紹介しているので、ぜひ合わせて読んでみてください。

ニイハウ島のシンボルカラー 、Keʻokeʻo(ケッオケッオ/白)。
同じくKea(ケア)も白を表す言葉。ハワイ島の山、Mauna Kea(マウナ・ケア)は、定番のハワイアンソング『Hawaiʻi No E Ka ʻOi』で、“Kohu moa kea”と、白い鶏に例えてられています。(Kohu(コフ/~に見える)、Moa(モア/鶏))
月の女神の名前であるHina(ヒナ)も、白を表す言葉として使われることがありますが、こちらは白だけでなく、白からグレーにかけての色を表すときにも使われます。

グレー

カホオラヴェ島のシンボルカラー 、ʻĀhinahina(アーヒナヒナ/グレー)は、島を象徴する植物Hinahina(ヒナヒナ)の色。ハワイでもあまり見ることができないこの植物は、光を浴びてグレーに見える尖った葉が特徴で、英語ではシルバーソード(Silver sword)、日本語では銀剣草という名前が付いています。綴りの通り、Hinaから来た名前です。
ちなみにいわゆるグレーヘア(白髪混じりの黒髪)のことを、Poʻo hina(ポッオ・ヒナ)というそうです。Poʻoは「頭」を意味します。

意外なことに、ハワイ語には黒を表す言葉がたくさんあります。
ʻEle(エレ/黒)から派生した、ʻEleʻele(エレッエレ)、Pōʻeleʻele(ポーッエレッエレ)、Pāʻele(パーッエレ)。
海の深い青や黒い雲など、自然の暗い色を表すUli(ウリ)またはUliuli(ウリウリ)。黒に近いダークブルーやダークグリーンを表します。Hāuliuli(ハーウリウリ)となると、特にダークブルーのこと。夜の暗闇を表すPouli(ポウリ)も、黒っぽい暗い色を表します。
Uliは、Kahiki(カヒキ/タヒチ、地平線の向こうの遠くの地)から来た魔術の女神の名前でもあります。これらの暗く不吉なイメージから、ハワイではこの言葉を避ける人たちもいるのだそう。

茶色

「恋人」や「大切な人」、「美しい」を表すHuapala(フアパラ)には、実は「栗色」の意味もあります。Huapalaは、オレンジ・トランペットという植物のハワイ語名でもあり、その花が栗色に近い、深いオレンジ色をしていることが由来です。
同じ茶色を表すHāʻeleʻele(ハーエレエレ)は、より暗い茶色を表す時に使われます。
赤みがかった茶色はHāʻehuʻehu(ハーッエフッエフ)。ʻehuは「海のしぶき」の他に、「ほこり」の意味もあります。

ピンク

ʻŌhelohelo(オーヘロヘロ)は、Peleの大好物のオヘロ・ベリー(ʻŌheloの色。ローズがかったピンクを指します。
マウイ島のシンボルカラー 、ʻĀkala(アーカラ/ピンク)。こちらもベリーの名前から来ています。ピンク色のTapa(タパ/樹皮をなめして作った不織布)のこともʻĀkalaと呼びます。

赤はハワイでは王族のための特別な色。ʻUla(ウラ)、ʻUlaʻula(ウラッウラ)の二つが、聖なる色である赤を表します。
他に一般的な赤を表す、Wena(ヴェナ)、Weo(ヴェオ)、Kole(コレ)など、たくさんの言葉があります。
ちなみに、「血液」を意味するKoko(ココ)も、なんとなく赤い色の名称に使われそうですが、こちらは「虹色」を表します。不思議ですね。

黄色

赤と同じく、王族のための高貴な色、黄色。Melemele(メレメレ)やLena(レナ)と言われます。葉が黄色くなった色はPala(パラ)、赤みがかった黄色は、茶色のときと同じくʻehuを付けてPala ʻehu(パラ・ッエフ)です。

 

まだまだ書き切れないぐらい、色を表す言葉はたくさんあります。続きはまたの機会に。

★ハワイ語レッスンをご希望の方はこちらから。まずはお問い合わせからお気軽にどうぞ。

日高しゅう

日高しゅう

1981年生まれ。東京外国語大学イタリア語学科卒。
イタリア・フェラーラ大学にて、中世美術史を学ぶ。


アロマテラピー業界およびIT企業で広報として勤務後、2017年、語学と文化を学ぶため、ハワイに留学。ハワイ島のロコからハワイ語を学ぶ。


ハワイ各地を旅し、帰国後、つるやとともに『Hōʻailona』を立ち上げる。
入門者向けのハワイ語講座講師としても活動。

関連記事

CO-PARTNERS