MAGAZINE

Hōʻailona

  • ハワイ
    FROM HAWAII

特集 ハワイの英知で、自分と世の中をハッピーに!

ホーアイロナ編集室が今、気になるひと、もの、こと。
Body・Mind・Spirit の栄養補給になるような情報をお伝えしていきます。

おはなしを聞いたひと/ホクラニ・インターナショナル 新井朋子さん
写真/和田美紀
第1回/ハワイの神話に魅せられて〜新井朋子さんとハワイ、始まりのおはなし
第2回/ハワイの癒し、ハワイの学び〜ホクラニ・セミナールーム
第3回/Aloha & Pono であるために〜ハーブとフラワーエッセンス
第4回/大人女性の真の美しさとは〜アンティー・プロジェクト

第1回
ハワイの神話に魅せられて〜新井朋子さんとハワイ、始まりのおはなし

ハワイの歴史や神話に興味がある方なら、目にしたことがあるお名前かもしれません。新井朋子さんは、ハワイ神話の著作、翻訳家として長年さまざまな書籍の仕事に携わってこられました。
現在は執筆だけにとどまらず、ハワイと自然療法を軸に、大人の女性のためのセミナーやサロンなどを開いている新井さん。今回は、そんな彼女のオフィス兼サロン「ホクラニ」へおじゃまして、ハワイとの出会いからさまざまな活動についてお話をうかがいました。

ハーブを学ぶ

「まずはお茶を淹れますね。お茶がないと始まらないから!」
そう言って、あいさつもそこそこにキッチンへお湯を沸かしにいく新井さん。

明るくて、いつも弾むように話す新井さんと編集室の出会いは、昨年6月に開いたモロカイ島の画家・山崎美弥子さんのお話会でした。
「あのときは、ほんとうに楽しかったね~」。そう言って出してくれたラベンダー色のお茶はとても優しい香りがします。聞けば、新井さんが自らハーブをブレンドしたとのこと。
「わたし、ハワイに出合う前から、もともとハーブを勉強してきていたんです」

今、ハーブやアロマ製品は当たり前に手に入るものとなっていますが、新井さんが学び始めた80年代は、まだまだインターネットも普及しておらず、情報が少なかった時代。都心の大型書店の洋書コーナーへ足を運び、アメリカのハーブ専門誌を買い求め、読みふけっていたといいます。翻訳家としての仕事をしつつ、大好きなハーブの勉強がしたいと、市の公開講座にも参加していたそうです。
「植物学者の先生が開催している講座でした。そこで貴重な苗を分けてもらって、マンションのベランダで育てていた。60鉢くらいあったかな、なんせ凝り性なの、わたし」
たとえば、「タイム」といってもいくつも品種がある。違いを知りたいと思うと、植木鉢は自然と増えていく。自分の手で育て、収穫して余すことなく使い切る。
「そうやって植物の力を身近に感じ、理解しようとしていました」

ハワイとの出合い

では、ハワイとの出合いは? と尋ねると、意外な答えが。
「初めてハワイに行ったのは、新婚旅行でなんです。1988年のこと。翻訳の仕事はすでに始めていたから、仕事柄本のある場所が大好き。ハワイの書店には、「Hawaii Ana」という、ハワイの創世、歴史や文化・芸能などを扱うコーナーがあるんだけれど、そこでとにかく本を買いまくって読みました。そのうちに、いつかハワイのスピリチュアリティについての日本語の本を出したいと思い始めたんです」
ハワイには太古から受け継がれる大自然があって、新井さんが出合った多くの本にも、大地、自然、植物から与えられる癒しについて書かれてありました。そしてその自然界=宇宙を通して大切なことをわたしたちに伝えようとしているものが、ハワイには確かにあり、それは神話にも描かれている。こうして、新井さんの中で、長年学んできた自然の癒しとハワイという土地が結びついていったのです。

マナ・カードの翻訳に携わる

いつか、ハワイのスピリチュアリティについて本が書きたい。そう思っていたものの、時代はまだバブルの名残を追い求めている頃。ハワイといえばショッピングやゴルフ、という世の中で、なかなか企画は通らなかったといいます。そんな中、新井さんはある日、取り寄せていたハワイの雑誌の片隅に、「マナ・カード」という文字を見つけました。マナとは、生命や神聖な力を意味します。ハワイの植物、神々、楽器などがメッセージとともに描かれた44枚のカードを引くことで、今必要とするメッセージを知り、解説書を参考にしながら読み解いていくという、少し占いめいて神秘的なカード。このカードにピンっときた新井さんはすぐに、ハワイに仕事に行くという友人に、手に入れてもらうよう頼みました。

「トランプみたいな気軽なものかと思っていたら、とても立派な本が付いたセットでした。著者のキャサリン・ベッカーさんも、ハワイについてかなり調べている方で、これはぜひ日本語に訳したいとすぐに連絡をとったんです」
2003年、新井さんの訳でマナ・カードが出版されます。そのまもなく、ずっと念願だった、ハワイ神話、歴史についての連載を、フラ専門誌で執筆することが決まりました。

次回、ハーブ(自然療法)、ハワイ神話、マナカードという3つのコンテンツをもとに、セミナールーム兼サロンを立ち上げるおはなしへ続きます。

新井朋子

新井朋子

翻訳家、ホクラニ・インターナショナル主宰。


翻訳家、著者として、ハワイにまつわる本の執筆を行うかたわら、


ハワイ文化と自然療法を軸に、代々木にあるサロンにて、各種講座の開催、セミナーなどを行う。


ホクラニ・インターナショナルHP


https://hokulani-intl.co.jp/info/

和田美紀

和田美紀

1981年生まれ。
大学では美学美術史を専攻。卒業後は航空会社に就職したのち、IT企業へ転職。
2013年から以前より興味のあったカメラを始める。その後さまざまな撮影を経験し、現在は業務としても社内外で写真撮影を行っている。

編集室

編集室

関連記事

CO-PARTNERS