MAGAZINE

Hōʻailona

  • セルフケア
    LOVE BODY & MIND

クラブ「整体」 ♯6 / 原禎子

ほぼ月に一度、東京・西荻窪のとある場所にオープンするクラブ「整体」。
街にネオンが灯るころ、さまざまな悩み、疑問を抱える女子たちが
夜な夜なその扉をノックする。
合言葉は「教えて、禎子ママ!」
高知の“はちきん”禎子ママが、こころとからだにまつわる疑問に、
東洋哲学、東洋医学的な見方からお答え。
あなた自身が楽しく機嫌よく生きる、ちょっとしたヒントも授けちゃいます。
教えて禎子ママ!
突然なんですけど、欧米の人々はハグ&キスをよくしますよね。昔のハワイアンは鼻と鼻を合わせて挨拶をすることで、親愛の情を交わしていたと聞いたことがある。イタリア人にいたっては、いい大人の友人同士が、膝に乗りあったりしていて、見ているこっちがタジタジになりました。
一方で、日本人のコミュニケーション、とくに挨拶といえば、会釈、しても握手ぐらい。身体的接触が心の距離を縮めると考えた場合、日本人がむやみにからだを接触させないのは、警戒心が強いということでしょうか。
ママはどう思いますか?

クラブ「整体」 ♯6 / 原禎子 | hoailona

あなた、”おしくらまんじゅう”したことある?
幼い頃は、そうして赤の他人だってくっつきあって遊ぶわよね。でも、ある年齢を超えたらあまりしなくなる。だいたいそれが思春期ぐらいからじゃないかしら?
そう考えると、日本人が警戒心が強いっていうより、ちょっと”ムッツリ”な風土があるって捉えた方がしっくりくるのよ、ママは。「触れ合う」って事に性的な意味合いを、色濃くムッツリ感じてる……っていう。ふふふ。まあ、それだけじゃないと思うけど。

ご存知都会では、満員電車ってのがあるじゃない?
3〜4年前だったかしら? 友達と都内で晩御飯食べてたら、けっこうな地震があったの。山手線も中央線も9時近くまで止まって、帰りにママが乗った電車はギューギューだった。
電車が動き出すまで、みんな時間潰しに飲んでたらしくて、ほろ酔い加減のいい大人たちがリラックスしてギューギュー。車内はまさにおしくらまんじゅうだった。
最初は気持ち良かったの。 でも、そのうちなんだか厚かましいくらい、もたれかかる人達が増えたのね。 ママはチビだからうかうかしてたら潰されそうで、肚に力を入れて、ゆっくり呼吸して立ち直したら、周りから徐々にシャンと自分で立ち出したの。最終的にはその車両中みんなシャンとして、元よりちょっと遠慮がちなおしくらまんじゅうに戻ったわ。

こういった日本人の持つ同調性は、いい側面も、悪い側面も生み出すと思うけど、コミュニケーションが会釈や握手に「とどまる」のは、そもそも同調性を「とどめて」いたからだと思うわ。「慎み」のひとつよね。 遠慮がちなおしくらまんじゅうに、ママはその「慎み」を感じて、和んだ記憶がある。
かつての「慎み」は今、沢山の文化と触れ合うようになり、沢山の情報が錯綜する中で、混乱 しているのかもしれないわ。
ママもかつて、外国の方とハグをする時は、ネイティヴに出来てるかドキドキしたものよ。 かわいいでしょ♡

★この連載では、特別な健康法を提案するのではなく、自分を楽しく機嫌よく生きる、ちょっと したヒントを東洋医学、整体的な見方から提供していきます。 なぜだかわからないけれど、昔から、友人・知人とお酒を飲みにいくと、みんなに「ママ」と呼 ばれる機会が多いという原さん。そんなエピソードから、このようなお部屋が生まれました。 堅苦しくならずに、でも、ちゃんと真剣に、あなたがあなた自身のからだに目を向けるお手伝いができれば幸いです。
注:このキャラは、連載時のみですのでご安心を。


★施術の予約をご希望の方はこちらから。

原禎子

原禎子

高知生まれ高知育ち。2004年に国家資格を取得。


2004年、高知市にて鍼灸マッサージ『恬愉』を開く。


病も、治ることも必然。症状や病名に固執せず、快適な自分を育むように。知らぬ間に病んでいたなら、知らぬ間に治るように。知らぬ間にまとわりついた捉われから放たれ、その人の素直な力が発揮されるように。身体を通して、その手伝いをするのが自分の仕事ではないかと思っている。


高知での施術のほか、一月半に一度程、東京で出張整体を行っている。

関連記事

CO-PARTNERS