MAGAZINE

Hōʻailona

  • ビューティー
    BRUSH ME UP

おしりとおっぱい♡ ♯1 / 編集部

大人になって、自分の体に満足しているとまではいかなくても、それなりに向き合うことはできている。

けれど…

お気に入りだったかわいい下着がなんだかしっくりこなくなったり、
今までと違うところからお肉がはみ出してきたり、逆に急にお肉が落ちすぎてしまったり。
洋服と同じように、体の変化に合わせて、身につける下着も変わってきている。
実際みんなはどんな下着を身につけているの?
大人の女性のリアルな下着事情をご紹介します。

一周回ってPEACH JOHN

 

hoailona編集部S 37歳

♡カテゴリー:普段の下着
♡アイテム:カップ付きキャミソール
♡ブランド:PEACH JOHN
♡カラー:グレー 、ブラック
♡価格:各3,002円(税込)

学生時代以来、かなり長いこと購入していなかったPEACH JOHN(PJ)。
昨年、しばらくの間南国に滞在することになり、「Tシャツ生活だけれど、室内は冷房で寒いからお腹が冷える。そうだ、カップ付きキャミにしよう」と、何枚か購入したところ、これがとっても良かったのです。
昔使っていたPJの下着は縫製が甘く、よく、どこからともなく糸が出てきていた思い出がありました。今回も正直、品質に期待はしていなかったのですが…
いざ着用してみると、縫製はしっかりしており、速乾性のあるさらっとした生地は気持ちいい。昔のイメージと違って、お値段以上の品質で感動しました。
好みにもよりますが、厚手のカップ付き。私は普段は盛らない派ですが、カジュアルなTシャツの時には体のラインが女性的な方がバランスが良かったので、結果オーライでした。
繊細さのまったくない海外の洗濯機でガンガン洗濯してもヘタレず、帰国時に捨てて帰るつもりが、そのまま連れて帰ってきて、現在も愛用しています。

スポーティな生地で見えても下着っぽくなく、冬場は背中が開いたニットを着る際のインナーにする予定です。
少し脱ぎにくいのが難点ですが、その分体にフィットするので、上に着る服の邪魔をしません。

(編集注 : 下から脱ぎ着するのが正しい着方でした!)

多少ブラの肩紐やショーツのラインが見えてしまっても、なんとなく許せてしまうのは、子どもっぽさの残るごく若いうちだけ。大人になると、あまり清潔感のない、だらしない感じに見えてしまいます(と、思い返せば高校生の頃から母に口を酸っぱくして言われていたのはこのことか)。
今は、デコルテが開いた服を着るときは肩紐のないブラを着るとか、薄い色のボトムスのときはベージュのショーツで透けないようにするとか、機能面で洋服に合わせた下着を身につけることを含めて、大人のお洒落の嗜みだと思っています。

編集室

編集室

関連記事

CO-PARTNERS