MAGAZINE

Hōʻailona

  • セルフケア
    LOVE BODY & MIND

南インド・サットワ便り ♯6 / Sachi

祈りはクスリ

アーユルヴェーダのトリートメントルームには、小さな祭壇があることが多く、施術の前に短いマントラを唱えるところもあります。
施術を行うセラピストさんが、「私に癒しの力を与えてください」と、患者さんを思いながら祈りますが、この時は、患者さんも一緒にお祈りをして、自分の体に思いを寄せる瞬間となります。

一日のうちの、ほんの数十秒のことだけれど、この祈る心は、自分を癒す力を高めることに影響しているとわたしは感じます。

祈りという行為に対して、何か、宗教のようであやしいとか、単なる気休めだとか、努力せずに他人の力をあてにする、といったような、マイナスのイメージを持つ方もいるかもしれません。
しかし、米国では数十年前より、祈りがもたらす「治癒効果」についての医学研究が行われており、近年では、世界各国から集められた、数多くの医学研究論文をスマホから検索して読むこともできます。

  • PubMed 世界最大級の医学・生物文献データベース
  • 米国の医師ラリー・ドッシー博士による著書「祈る心は、治る力

祈る心は、治る力」では、他者からの祈りがもたらす治癒効果が実証されたことについて書かれていますが、他にも、

「“まごころ”のない祈りに効果はない」
「祈りによって、心は時間と空間を超える」

といったような、科学的理解には限界があるようなことについても言及されています。

朝夕の習慣として、オイルランプを玄関先に出してお祈りしているところ。

ところで、私の暮らしている地域では、病気の治療中に限らず、日常のあらゆる場面で人々が祈りをささげる姿を目にします。

学校や道場にも必ずある小さな祭壇。

学校の授業が始まる前や、車を運転する前にお祈りすることも習慣になっているようですし、バスで移動中に寺院や教会の前を通った時など、人々は胸に手を当て、心のこもった祈りをささげています。

自分のために、家族のために、平和のために。

この土地の人々の目がキラキラと輝き、いつも陽気に暮らしているのは、
日常の中に祈りの習慣があるからなのかもしれないなぁ。
そう感じています。

★アーユルヴェーダはWHO世界保健機構でも研究が進められている医療です。

★このページでは、アーユルヴェーダの専門的な療法についてや、ハーブなどの知識をシェアしていきますが、その効果に関しては個人差があります。それは私たちの心と体が1つとして同じものがないということです。

★実践に関しては、専門家の直接指導を必要とするものもあります。現在、専門医のもとで治療・療養中、あるいは体調に考慮が必要な方はご留意ください。

入口幸子

入口幸子

徳島県出身 看護師 1985年生まれ。
南インド・ケララ州在住。


病院で働くという仕事上、生命の誕生と最期の瞬間に立ち会う機会が多く、さらに自身の父・母が、ともに若くして癌で他界するというハプニングに見舞われたこともあり、いつの間にか健康オタクに。病気の症状に特化して治療する医療に疑問を抱いていた中、体と心、精神やスピリチュアリティを含めた人をひとりの人間として、全体の調和を診る自然療法に魅了される。


2015年大学在学中に留学の機会に恵まれ、インド・スリランカ両国の私立・国立病院にて、伝統医療アーユルヴェーダを学ぶ。


自身も10年間抑えていた関節リウマチに対する治療を受け、その効果や自然のエネルギー、自分の中にある自然治癒力を実感する。


欧米諸国・アジアを含め、様々な国から来た学生や患者さんとの出会いの中で、各国の医療事情を知り、誰もが安心して必要な医療を選択できる環境を願うようになる。現在、自然療法医になる憧れを抱きつつ、治療を必要としている人々をサポートする役割として、アーユルヴェーダやヨガを中心としたヘルスツーリズムを展開中。


Ayurveda Wellness Healer
Shivananda Yoga Teacher Training Course 修了

関連記事

CO-PARTNERS