MAGAZINE

Hōʻailona

  • ハワイ
    FROM HAWAII

ʻANOʻANO LIFE ♯24 / Tane

ハワイの植物ウキウキでラウハラ染め体験

皆さんアロハ!
11月になりましたが、マウイ島はまだまだ暑い日が続いています。

でも最近は朝起きると暗くて、電気をつけてからお弁当の用意をするようになったので、季節も変わってきたと感じます。

さて先月友達と一緒に、ラウハラ染めをしました。
(私はバンダナも染めました)

前に玉ねぎの皮で染めものをしたことがあるのですが、今回は2年かけていっぱい貯めた玉ねぎの皮と、ハワイ固有の植物ウキウキを使います。
ウキウキは実が紫色で、とっても綺麗なのです。

ウキウキは友人の家にあり、「これで染められないかな?」という彼女の一言がきっかけで、染めに使ってみることに。
実を集めて冷凍しておいてもらいました。

ウキウキの実。黒いのは冷凍したもの。生のものは鮮やかなロイヤルブルーで綺麗♡

私も苗をもらって庭に植えてみたけれど、あまりたくさん実がつかず。
でももう少し増やしたかったので、お店でも苗を買ってきて植えました。

実がなったら冷凍して、また集めて…の繰り返し。
1年半くらい貯めてようやく染めれるような量になったので、タマネギの皮とウキウキの実使っての両方を使ってみることになりました

材料はこちら。

友達のお店の厨房をお借りして染めようとしたけれど、みょうばんが足りず…
まずはウキウキ染めにトライ。

ウキウキの実を煮てからラウハラを入れます。

玉ねぎも同じように、煮てからラウハラを。

上がウキウキ、下が玉ねぎ。色はいい感じ。

ウキウキも玉ねぎも、それぞれ2回ずつ染めましたが、ラウハラは染まりにくくて薄い色になりました。

みょうばんに漬けるとだいぶ色が薄くなりました。

スカーフも染めてみました。

バンダナも綺麗に染まりました。

長くなりましたので、今回はここまで。
ラウハラは今乾かしているところなので、次回は染めたラウハラを使っていろいろなものを作る様子をご紹介します。
お楽しみに!

ラウハラはこんな感じに仕上がりました♪

【Taneさんからのメッセージ】


マウイのことをもっと知りたい!いつかマウイ島に行ってみたい!という方は、ぜひ問い合わせフォームからご連絡ください。


お問い合わせはこちらのフォームから。

Tane

Tane

1973年生まれ。三重県出身。

1997年にワーキングホリデーで訪れたオーストラリアにて、アメリカ人の夫と出会う。 2013年、家族でハワイ州マウイ島に移住。 4人の男の子を育てながら、ステンド硝子やフュージングの作品制作を行う。 ステンド硝子講師。

関連記事

CO-PARTNERS